パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗腺に奨める種だ

暑くなると汗が気になるとごっそり、体臭が気になり始めます。どんどん、脇の下をはじめとする体の一部には、アポクリン腺という独特の香りを見せる汗腺が走っているため、ニオイ戦略を重点的に立ち向かう必要があります。さて、制汗剤を購入したことがあるクライアントですと、パラフェノールスルホン酸亜鉛という具を見たことがあるかもしれません。ここでは、そんな具の効力といった平安に対して紹介します。

インターネット上で一大制汗剤の様々には、意外と最善パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。こういう具が配合されている理由は、ワキガなどに効く2つの作用があるからです。パラフェノールスルホン酸亜鉛には、軽減負け(引き締めビックリ)といった消毒負けがあります。つまり、汗腺をベッタリ引き締めることによって汗を押さえ込み、なおかつ香りのクオリティーとなるバクテリア戦略もして受け取る具だ。因みに、ワキガをはじめとするニオイの原因は、汗といったバクテリアの2つだ。こういう両方にアプローチするパラフェノールスルホン酸亜鉛は、制汗剤には欠かせない具とも言えます。

ではパラフェノールスルホン酸亜鉛には感知はないのかというと、あらかた不自由はありません。医薬部外品でも使用されている具ですから、健康に凄まじく作用しないからだ。必要以上に使用しない以上は、原則として、安全に使用できる具だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です